【1月15日 AFP】フランスのマリソル・トゥーレーヌ(Marisol Touraine)保健相は15日、同国で行われていた大麻ベースの鎮痛剤の治験で「深刻な事故」が発生し、1人が脳死と判定され、5人が病院治療を受けていると発表した。

 トゥーレーヌ保健相によると、6人は仏北西部レンヌ(Rennes)で行われていた「経口薬の治験」に参加していた。同薬剤は欧州の研究機関が開発したものだった。

「深刻な事故が発生した」と同保健相は述べ、研究は中止され、ボランティア全員の参加を取り消したと付け加えた。

 また、パリ(Paris)の検察当局は、捜査を開始したことを発表した。(c)AFP

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3073360?cx_part=txt_topics より転載