So-net無料ブログ作成
検索選択

  • SmaSurf クイック検索
- | 2015年11月 |2015年12月 ブログトップ
前の10件 | -

EU、トルコに約3900億円支援! 難民対策の見返りに加盟交渉加速へ! [政治]

【11月30日 AFP】トルコと欧州連合(EU)は29日、ベルギー・ブリュッセル(Brussels)で開いた首脳会議で、シリアなどから欧州に大量に流入している難民や移民の抑制のため、EUがトルコに30億ユーロ(約3900億円)を支援することで「歴史的」な合意に達した。

 欧州理事会(European Council)のドナルド・トゥスク(Donald Tusk)常任議長(EU大統領)によると、EUは、トルコが国内のシリア難民約220万人を欧州へ流出させない見返りに、トルコのEU加盟交渉を加速させる。

 トルコのアフメト・ダウトオール(Ahmet Davutoglu)首相は「歴史的な一日、歴史的な会合だ」と述べた。

 合意に基づき、トルコは密航業者の取り締まりを強化するほか、難民認定されなかった人々の送還についてEUと協力する。一方のEUは、2005年に始まったもののほとんど進展のないまま停滞していたトルコの加盟交渉を加速させる。

 トルコはEU加盟交渉の対象となる35章のEU法体系のうち、この10年間で1章しか手続きを完了していない。EUは、12月中旬までに経済・通貨政策分野(第17章)の交渉を再開することに合意。さらに、トルコとの首脳会議を年2回開催することでも合意した。

 EUはまた、トルコが強く要望していた欧州域内の自由な移動を可能にする「シェンゲン協定」加盟国への渡航ビザ(査証)の要件についても、2016年10月まで緩和することを約束した。(c)AFPDanny KEMP, Burak AKINCI

http://www.afpbb.com/articles/-/3068495 より転載。

 

タグ:トルコ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国の大気汚染が危険レベルに! PM2.5が基準の22倍! [環境・サイエンス]

 

【11月30日 AFP】中国北部は30日、今年最悪レベルのスモッグに見舞われた。首都北京Beijing)の大気汚染レベルは安全基準の22倍に達し、フランス・パリ(Paris)で気候変動に関する世界的な会議が開かれる前夜、北京当局は2番目に高いレベルの大気汚染警報を発令した。

 米大使館によると、北京では肺に深く入り込む2.5ミクロン以下の微小粒子状物質(PM2.5)のレベルが1立方メートル当たり560マイクログラムを超え、世界保健機関(WHO)が推奨する上限である同25マイクログラムの22倍に達した。

 当局の統計によると、近郊の河北(Hebei)省にある複数の都市でも、PM2.5のレベルが同500マイクログラムを大幅に超過、WHOが定めた上限の20倍以上となった。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3068526 より転載。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ドイツがシリアの対イスラム国戦支援で1200人派兵へ! [戦争・紛争]

【11月30日 AFP】ドイツ連邦軍のフォルカー・ビーカー(Volker Wieker)統合幕僚長は29日、フランスがシリアで展開するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」掃討作戦を支援するため、1200人規模のドイツ軍部隊を派遣する計画を明らかにした。ドイツ軍の国外派兵としては戦後最大になる見込みだ。

 ビーカー氏は独紙ビルト日曜版(Bild am Sonntag)に「軍事的観点から言えば、航空機や艦船を運用するのに約1200人の兵士が必要となるだろう」と述べ、「命令が下り次第、非常に迅速に」任務を開始すると付け加えた。同氏によれば「政府は年内の発令を目指している」という。

 独政府は26日、ISと戦う仏政府に対し、トーネード偵察機数機、海軍フリゲート艦1隻、空中給油機1機、衛星画像などの提供を表明していた。ビーカー氏は、天候や昼夜を問わず地上の様子を探るため4~6機のトーネード偵察機が配備されると語った。(c)AFP

 http://www.afpbb.com/articles/-/3068506?cx_part=txt_topics より転載

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

トルコで著名クルド人弁護士射殺、民族間の緊張高まる [災害・事故・事件]

【11月30日 AFP】トルコ南東部ディヤルバクル(Diyarbakir)で28日、同国の少数民族クルド人(Kurdish)の著名な人権派弁護士、タヒル・エリチ(Tahir Elci)氏が銃撃を受け死亡した。事件を受け、トルコ各地で激しい抗議デモが発生するなど、同国の最大少数民族であるクルド人との間の緊張が高まっている。

 最も著名なクルド人の人権活動家の一人で、地元弁護士会の会長を務めていたエリチ氏は、平静を呼びかける声明を発表している最中に、警察と所属不
詳の武装集団との銃撃戦により死亡した。同氏は頭に弾丸1発を受けたが、同弁護士を直接狙った銃撃だったのか、銃撃戦の流れ弾に当たったのかは不明だ。

 同氏の支持者らは、同氏が政府によって殺害されたと非難しており、新たな緊張を引き起こしている。ディヤルバクルやイスタンブールなど各地で起きたデモでは、警察がデモ隊を解散させるために放水銃や催涙ガスを使用した。

 クルド人が多く住む同国南東部の最大都市ディヤルバクルでは29日、同氏の葬儀が行われ、現地のAFP記者によると、赤・黄・緑のクルド人の旗と赤いカーネーションに覆われたひつぎが街路を進んでいく中、同氏を追悼するため約5万人が集まった。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3068465 より転載。

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

イスラム国がシリアで3500人以上処刑か? [戦争・紛争]

カイロ時事】在英のシリア人権監視団は29日の声明で、過激派組織「イスラム国」が昨年6月にシリアとイラクにまたがる国家の樹立を宣言して以降、シリア国内で3591人を「処刑」したと発表した。

 

 このうち1945人は民間人で、殺害の名目はスパイ容疑や「背教行為」など。同組織は支配下の住民に対し、恐怖心を植え付け服従させ、抵抗を抑えてきた。シリア以外の「イスラム国」支配地域や勢力圏での虐殺行為は含まれていない。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000002-jij-m_est より転載


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

多数の遺体埋められた穴、イスラム国(IS)が殺害か?周りには爆弾 イラク [戦争・紛争]

【11月29日 AFP】イラク北部の要衝シンジャル(Sinjar)で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」によって殺害されたとみられる120人以上の遺体が埋められた墓穴が見つかった。墓穴の周囲には複数の爆弾が仕掛けられていたという。地元当局者が28日、発表した。

 ISは2014年8月、クルド人勢力の管轄下にあったシンジャルを掌握。シンジャルでは住民の多数を占めていたい少数派ヤジディー(Yazidi)教徒を標的とした虐殺や奴隷化、レイプが行われた。

 地元当局者はAFPに対し、シンジャルは今月13日にISからの「解放」が宣言されたが、以降、シンジャルとその周辺では多数の遺体が埋められた墓穴が相次いで発見されており、今回発見されたのは6つ目だと述べた。

 さらにこの当局者は、殺害を目撃した人々の証言により、123人の遺体が埋められているとみられている今回発見された墓穴は、多数の爆弾で囲まれていたと述べた。

 爆弾はISにとって、攻撃と防衛の両面で重要な役割を果たしているとみられている。またISの戦闘員がいなくなった後でも、爆発物は大きな脅威となっており、居住地を離れ避難していた住民らが帰郷するのを妨げている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3068419 より転載

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

格安航空会社の機体にアラビア語の落書き フランス [災害・事故・事件]

【11月29日 AFP】フランスの警察と空港当局は28日、同国の2つの空港で、英格安航空会社イージージェットeasyJet)の航空機4機とスペインの格安航空会社ブエリング(Vueling)航空の1機が、スプレーで落書きされているのを発見したと発表した。落書きの大半はアラビア語だったという。

 警察当局によると、被害に遭った機体のうち3機はフランス東部のリヨン(Lyon)の空港で、残る2機はパリ(Paris)のハブ空港である、シャルル・ドゴール空港(Charles de Gaulle International Airport)で落書きされていたという。

 警察のある情報筋は、航空機がフランスに到着する前に落書きされたと当局はみているが、この問題は空港の安全性に疑問を呈するものだと述べた。

 空港関係者によると、シャルル・ドゴール空港で24日、ハンガリーの首都ブダペスト(Budapest)から前日に到着したイージージェットの旅客機の燃料タンクのふたの部分に、「Allah Akbar(アッラー・アクバル、アラビア語で『神は偉大なり』の意)」と書かれているのが発見された。落書きは、次の乗客らが搭乗する前に洗い落とされたという。

 イージージェットは、フランス国内17都市に就航しているが、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」がパリ同時テロの犯行声明を出して以降の2週間で、同様のケースが「少数」あったと話している。ただ、そのすべてがアラビア語ではないとしている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3068445 より転載

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

シー・シェパード、日本に調査捕鯨再開しないよう警告! [環境・サイエンス]

【11月29日 AFP】反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation SocietySS)は29日、日本が南極海での「調査」捕鯨を再開する方針を表明したことに対し警告を発し、オーストラリア政府に介入するよう求めた。

 シー・シェパードのアレックス・コーネリッセン(Alex Cornelissen)氏は、「われわれは、南極海のクジラは国際法やオーストラリアの法律、シー・シェパードによって保護されていると日本政府に再確認させたい」「従って、南極海鯨サンクチュアリSouthern Ocean Whale Sanctuary)やオーストラリアのクジラ保護区(Australian Whale Sanctuary)で行われるいかなる捕鯨も、犯罪行為とみなされるだろう」と警告した。

 シー・シェパードの主要な抗議船「スティーブ・アーウィン(Steve Irwin)号」は現在、オーストラリアのメルボルンMelbourne)に停泊しており、同団体は再び日本の船団を追跡するかどうかは明らかにしなかった。日本メディアは、日本の船団が12月末に出発する予定だと報じている。(c)AFP

  http://www.afpbb.com/articles/-/3068439 より転載

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ウォルト・ディズニー・ワールドでもフォースが強い! [エンターテイメント]

 

【11月29日 Relaxnews】最新作が公開直前の人気映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」同様、米フロリダ(Florida)のディズニー・ハリウッド・スタジオDisney's Hollywood Studios)も大きく展開しそうだ。

 既存のスター・ウォーズのアトラクションの内容は大規模に再構築され、12月1日にスタートするほか、同日には全く新しいエリア「スター・ウォーズ・ローンチ・ベイ(Star Wars Launch Bay)」がオープンする。

「多感覚な拠点」と形容される新エリアでは、映画でおなじみのキャラクターたちと交流できるほか、スター・ウォーズ関連の展示品などを見ることもできる。

 米ディズニー(Disney)によると、再構築されたアトラクションの内容には、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(Star Wars: The Force Awakens)』に登場するキャラクターも追加されているという。さらに12月中は、ストーム・トルーパーが施設内をパトロールするという。(c)Relaxnews/AFPBB News

http://www.afpbb.com/articles/-/3068440 より転載


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ロシア、トルコに経済制裁の大統領令!特定品目の輸入制限など [政治]

【11月29日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は28日、同国の戦闘機を撃墜したトルコへの報復措置として、同国に経済制裁を科す大統領令に署名した。 

 同国政府が公表した大統領令の文面によると、経済制裁には両国間におけるチャーター便飛行禁止や、ロシア企業による新たなトルコ人雇用の禁止、特定のトルコ製品の輸入禁止・制限などが含まれている。影響を受ける製品名のリストはまだ公表されていない。

 大統領令によると、この経済制裁は来年1月1日から実施される。大統領令ではまた、トルコ法人のロシアにおける活動が制限を受けるほか、ツアー会社に対し、ロシア人に対するトルコ旅行の推奨を慎むことが求められる。

 また、トルコの航空会社が「治安上の理由で」ロシア政府による規制を強化され、さらにセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相が27日に発言したとおり、ロシアを訪問するトルコ人はビザ申請が必要になるという。

 シリア国境付近で24日に発生した、トルコによるロシア軍戦闘機撃墜事件後、両国間の関係は危機的状況に陥っている。トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は先に、両国間の関係を大きく緊張させたロシア機撃墜に関して「悲しみ」の意を表し、「起きなければ良かった」と述べている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3068404?cx_part=topstory_1 より転載


 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | -
- |2015年11月 |2015年12月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。