So-net無料ブログ作成

  • SmaSurf クイック検索

エボラ出血熱の終息を宣言!【WHO】 [健康]

【1月14日 AFP】世界保健機関(WHO)は14日、2年間にわたって西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱について、最後の感染国だったリベリアでの終息を受け、流行が終息したと宣言した。

 WHOは「本日、WHOはリベリアにおける最新のエボラ出血熱の感染が終息したことを宣言し、西アフリカでの把握している全ての感染の連鎖が止まったと表明する」と述べた。

 一方でWHOは、「この任務はまだ終わっていない」と述べ、「今後も突発的な再燃が予測される」と警告した。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3073195 より転載

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

南アフリカで広まるバンティング・ダイエットに賛否両論?! [健康]

 【1月1日 AFP】南アフリカ・ケープタウン(Cape Town
にある貧しい黒人居住区でナスリーン・ライリー(Nasreen
Riley)さん(42)が作っているのは、鶏レバーのバターフライ、濃厚クリームトマトソース添え。主に中流階級に広がるダイエット法として注目を集め
ている「バンティング・ダイエット」と呼ばれる食事療法に基づいて考案された一品だ。

 バンティング・ダイエットという名は、1860年代に初めてこれを提唱した英国人、ウィリアム・バンティング(William Banting)氏にちなんでいる。

 パン、米、パスタ、砂糖は取らず、代わりに肉、バター、チーズ、クリームを大いに楽しむというこのダイエット法への栄養士たちの評価は分かれてお
り、批判もある。それにもかかわらず、南アフリカの中でも特に肥満が大きな問題となっている最貧地区でバンティング・ダイエットが広まり始めている。

「服がぶかぶかになってきて、肌のつやもよくなった。変化は目で見て分かるようで、周りの人たちからも褒められる」と語る、事務職のライリーさん。8週間で7キロの減量に成功したという。

 バンティング・ダイエット普及の原動力になっているのは、同国の女優・タレントでこの食事療法を信奉するユオーディア・サンプソン(Euodia Sampson)さんと、栄養学を専門とするティモシー・ノークス(Timothy Noakes)教授だ。

 ノークス教授の考えによるとバンティング・ダイエットは、加工食品が登場してシリアルや穀類などの炭水化物をどんどん食べるべきだと言われるようになる前の、昔の食生活に回帰することだという。

 レバーや腎臓、膵臓(すいぞう)、骨髄、脳、豚足といった安い部位を使えば1日1人当たりの食材費は30ランド(約240円)程度で財布にも優しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。