So-net無料ブログ作成
検索選択

  • SmaSurf クイック検索

北朝鮮が「二日酔いにならない酒」を開発!? [グルメ]

【1月20日 AFP】北朝鮮は、アルコール度数30~40%で二日酔いにならない驚異的な酒の開発に成功したと同国の国営メディアが報じた。

 平壌タイムズ(Pyongyang Times)は、この「高麗酒(Koryo Liquor)」は、上質な6年物の最高品質の朝鮮ニンジンと、もち米から製造されていると報じている。

 平壌タイムズによれば、高麗酒は甘さと香りの調和が特徴で、「口当たりが良く、二日酔いにならないため、専門家と愛好家に高く評価され」ており、昨年の北朝鮮国内の品評会でも1位となるなど、数々の賞をすでに獲得しているという。

 北朝鮮のメディアは以前から、医療スポーツ、農業などあらゆる分野で北朝鮮の「偉業」を主張することで知られており、昨年、国営メディアの朝鮮中央通信(KCNA)は、同国の科学者らがAIDSエイズ、後天性免疫不全症候群)やエボラ出血熱、中東呼吸器症候群(MERS)にも効果がある、朝鮮ニンジンを主要成分としたワクチンの開発に成功したと報じていた。(c)AFP


 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

インドネシアで1200人が避難! 火山活動の活発化で [災害・事故・事件]

【1月19日 AFP】インドネシア・フロレス(Flores)島の東部で、エゴン山(Mount Egon)の火山活動が活発化したことを受け、19日までに周辺住民1200人以上が避難する事態となっている。火口からは火山灰や有毒ガスが噴き出している。

 噴煙が激しくなる中、現地当局は防毒マスク数千個を村人らに配布したと述べている。火山から半径3キロ以内の全住民に対しては避難命令が出された
他、周辺の道路は閉鎖された。当局は状況がさらに悪化した場合に備え、さらに大規模な避難命令の発令も用意している。同火山からは先月からごう音が聞こえ
ていたが、ここ数日の間に活動を活発化させているという。(c)AFP


 

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「ブラック・プディング」新しいスーパーフード? [グルメ]

【1月19日 AFP】英国には「ブラック・プディング(Black Pudding)」と呼ばれる伝統のソーセージがある。豚の血と脂、オートミールなどを原料としたもので、同国のある栄養食品販売会社が今年注目すべき「スーパーフード」の一つに選んだ。

 ブラック・プディングは、ベーコンや目玉焼きと一緒に食べるボリュームたっぷりの英国の朝食の定番。イングランド(England)北西部やミッドランズ(Midlands)西部が名産地で、タンパク質や鉄分、カルシウム、亜鉛を豊富に含んでいる。

 そのブラック・プディングが今年のスーパーフードになると予想したのは、英栄養食品販売マッスルフード(MuscleFood)。同社のダレン・ビール(Darren Beale)氏は英メディアに対し「昨年は健康的な食事傾向が新たなレベルに達した。今年はそれが一段と強まるだろう」と語った。

「興味深いことに、人々はより健全な食生活を表す新たなキーワードに反応して、食習慣を変えている」とビール氏。「アボカドオイルやマカの根などは
ここしばらく人気が上向きだが、マッシュルームやブラック・プディングといった食品がもてはやされているのは、われわれにとっても大いに意外だった」

 一方で一部の専門家からは、この予想に疑問を投げ掛ける声も出ている。英国食品研究所(IFR)によると、一般にブラック・プディングは最高20%が脂肪で、カロリーも比較的高い上、塩分も多いという。IFRは英紙インディペンデント(Independent)に対し、「スーパーフード」という用語の使用は控え、代わりにバランスの取れた食事の重要性を提唱していると述べた。

 昨年には世界保健機関(WHO)が、ソーセージやハムなどの加工肉が大腸がんを引き起こす危険性を警告している。(c)AFP

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ジョコビッチも?錦織も?マフィアの元ボスが明かす八百長テニスの現状! [スポーツ]

【1月1日 AFP】元マフィアのマイケル・フランゼーゼ(Michael Franzese)氏が、トップレベルのテニスの試合はギャンブラーに操られており、フランゼーゼ氏の主な標的となっていたであろうテニスの結果は、依然としてそのビジネスの影響を受けていると語った。

 マフィア「コロンボ一家(Colombo crime family)」のボスだったフランゼーゼ氏は、マフィアとして過ごした日々の経験を生かして演説活動やコンサルタント業に従事しており、またATPツアーに参加する選手に対し、テニス界に蔓延しきっている八百長の手法について話をしている。

 フランゼーゼ氏はAFPに対し、「それは間違いなく続いている。もし、私がこのビジネスを続けていればテニスは私の中で主要なターゲットになっていたはずだ。何故なら一人の選手が試合に影響を与えることができるからだ。それだけで十分だ」と語っている。

 1980年代の米連邦捜査局(Federal Bureau of InvestigationFBI)による捜査、そして10年間の服役は、フランゼーゼ氏の生き方を変え、スポーツの健全性の保護を手助けしている。しかし、過去の交友関係からフランゼーゼ氏は、依然としてテニスと組織的犯罪が関係していると考えている。

 フランゼーゼ氏は「彼らがそうであると考えなければならない。確かにATPと関わるようになってから反応を受けている。遠慮なく言えば、マフィアにとってスポーツは信じられないくらいに金になる、儲かる商売だ」と語っている。(c)AFP/Araz Gulekjian


 

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

世界の大金持ちトップ1%の保有資産が残る99%の総資産額を上回る! [経済]

1月18日 AFP】世界人口の1%にあたる富裕層が保有する資産は、それ以外の99%の人々の資産全てを合計したよりも多いとの報告を、英非政府組織(NGO)「オックスファム(Oxfam)」が18日に発表した。

 貧困撲滅を掲げるオックスファムは、「世界経済フォーラム(WEF)」年次総会(ダボス会議)がスイス・ダボス(Davos)で開幕するのを前に、報告書「1%のための経済(An Economy for the 1%)」を発表。「悪化の一途をたどる不平等は、62人が所有する富と、世界人口のうち所得の低い半数の人々が有する富とが等しい世界を作り出した」と述べた。

 オックスファムによると、この62人という数字は「ほんの5年前には388人だった」という。

 また報告書は、世界の不平等の影響を受けるのは、圧倒的に女性が多いとも指摘。「悪化する不平等の背景にある主要な傾向の1つとして、ほぼ全ての
先進国と大半の発展途上国で、労働者に分配される国民所得が減少していることが挙げられる。世界の低賃金労働者の大多数は女性だ」と説明している。

 その上でオックスファムは、経済的不平等への取り組みの重要性を指摘する声は世界の首脳レベルでも増しているが、「貧富の差は過去12か月間で劇
的に拡大した」と指摘。前年のダボス会議に先立って発表した、世界の富裕層1%の持つ富はもうすぐ残る99%の持つ富の合計を上回るとの予測について
「2015年中に現実のものとなった」と述べた。

 報告書によれば、世界の極貧層は1990年から2010年の間に半減したが、世界でも所得の低い10%の人々の平均年収は過去25年間で3ドル(約350円)も増えていないという。(c)AFP

 








 

タグ:お金持ち
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

脱獄麻薬王は地元で人気!影響力健在! [災害・事故・事件]

【1月17日
時事通信社】悪名を誇ったメキシコの麻薬王グスマン受刑者が6カ月の逃走の末、8日に拘束された。ペニャニエト大統領は「任務完了」と喜び、麻薬流入に苦
しむ米国からも歓迎の声が上がった。ただ、麻薬組織の活動は今度も続くとみられ、一件落着とはいきそうにない。

 グスマン受刑者が最高幹部を務めるメキシコ最大組織シナロア・カルテルは、米国で流通する麻薬の約25%を扱い、年間30億ドル(3500億円)の利益を上げているほか、欧州やアジアにも販路を持つ。政府や治安当局要人に賄賂をばらまき、取り締まりを逃れてきた。

 貧困家庭に育ち「麻薬王」に上り詰めたグスマン受刑者は、拠点のシナロア州を中心に影響力を強めた。治安当局の支配力が及ばない無法地帯に秩序と雇用を与え、大統領より権限を持つともささやかれた。地域住民の間で同受刑者をたたえる歌が歌われるほどの人気があるという。

 グスマン受刑者が昨年7月、厳重警備の刑務所から脱獄に成功したのは「刑務所職員の協力があった可能性が高い」(地元メディア)。何らかの方法で外部と連絡を取り合い、収監中も組織は活発に活動していたとみられる。(c)時事通信社


 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

オバマ大統領の危うい中東戦略 [政治]

【1月17日
時事通信社】米国と欧州連合(EU)が対イラン制裁の解除を表明したことで、イスラム教シーア派大国のイランは国際経済に復帰する。このことがスンニ派の
盟主を自任するサウジアラビアなどアラブ諸国の危機感をあおるのは必至で、イランとサウジが深く関与するシリア内戦の終結を主導したいオバマ米政権は、難
しいかじ取りを迫られる。

 米財務省高官によると、欧米の制裁解除によってイランは国外で凍結されていた50億ドル(約5900億円)の資産アクセスできると推定される。
また、米国はイランの核開発に関係した400以上の個人・団体を制裁対象から解除。これによりイラン側と経済取引をした第三国の個人・団体を標的にした2
次制裁が撤廃される。

 オバマ政権が1980年の国交断絶から敵対してきた「テロ支援国」のイランと辛抱強く交渉を続け、核問題の外交解決を選択したのは、混迷する中東
情勢の中で「イランの核保有は最悪の事態となる」(ケリー国務長官)ためだ。欧米側は合意によって、イランが核兵器に必要な兵器級ウランの保有に要する時
間を、当初の2~3カ月から1年間に引き延ばしたと主張している。

 米国とイランの外交チャンネルも「新たな常態」となりつつある。イランは最近、領海内に入った米海軍の哨戒艇2隻を拿捕(だほ)したが、わずか1
日で解放した。ただ、こうした関係の構築は代償を伴っている。イランにウラン濃縮活動の継続を認めたことで、サウジは米国への不信を増大。同盟関係にある
イスラエルとの関係も、これ以上ないほど冷え込んだ。

 オバマ政権は現在、過激派組織「イスラム国」(IS)壊滅戦略の一環として、シリア内戦の終結を最優先課題の一つに位置付けている。アサド政権を
支援するイランと、反体制派を支えるサウジの双方の協力が不可欠で、米国が立ち位置を誤れば対立の激化を招きかねない。(c)時事通信社

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【パキスタン】15歳の少年が自分の腕を切断!両親や近所の人たちから祝福? [災害・事故・事件]

【1月16日 AFP】パキスタン中部パンジャブ(Punjab)州で数日前、神を冒涜(ぼうとく)してしまったと信じ込んだ15歳の少年が自分の手を切り落とし、その行為を両親や近所の人たちから祝福されていたことが分かった。警察関係者が15日、AFPに語った。

 事件が起こったのは、州都ラホール(Lahore)の南約125キロにあるフジュラ・シャー・ムッキム(Hujra Shah Muqeem)。

 地元警察幹部によると、町のモスクで行われた集会で、イスラム教の指導者が預言者ムハンマド(Prophet Mohammed)を愛する者は常に祈りの言葉を唱えると語り、祈りをやめたのは誰かと尋ねたところ、15歳のムハンマド・アンワル君が誤って手を上げた。質問の意味を取り違えたとみられる。

 神への冒涜だと、群衆に即座に非難されたアンワル君は、家に帰って上げた手を切り落とし、皿の上に載せて聖職者に見せたという。アンワル君が村人に歓迎され、両親が息子を誇りに思うと語っているビデオを見たと、この警察幹部は述べた。

 人口約2億人のイスラム国家であるパキスタンで神への冒涜は極めて厄介な問題で、確証のない疑惑から頻繁に群衆の暴力やリンチが発生している。欧
州諸国などは神への冒涜に関するパキスタンの法律が、復讐(ふくしゅう)や仕返しにしばしば悪用されているとして非難している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3073423 より転載

 

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ブルキナファソ、人質126人解放!襲撃犯3人殺害! [戦争・紛争]

【1月16日 AFP】西アフリカ・ブルキナファソの首都、ワガドゥグ(Ouagadougou)で起きた襲撃事件から一夜明けた16日、治安部隊の作戦により、高級ホテルなどで人質になっていた126人が解放された。一方、確認された死者の数は20人から、治安当局によると23人に増えた。死亡した人々の国籍は18か国におよぶという。

 また治安部隊は銃撃戦で、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系の犯行グループのうち3人を殺害した。

 シモン・コンパオレ(Simon Campaore)国土行政・分権化・治安相によると、解放された126人のうち、33人が負傷しているという。また殺害された襲撃犯のうち1人はアラブ系、2人はアフリカ系だと述べた。

 同相はさらに「襲撃されたホテル『スプレンディッド(Splendid)』と(向かいにあるレストラン)『カプチーノCappuccino)』での事件は終息したが、(レストランの隣にある)ホテル・イビ(Hotel Ybi)では新たな襲撃が起きている」と語った。(c)AFP

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3073426 より転載

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【フランス】治験で「深刻な事故」!1人が脳死 5人入院! [災害・事故・事件]

【1月15日 AFP】フランスのマリソル・トゥーレーヌ(Marisol Touraine)保健相は15日、同国で行われていた大麻ベースの鎮痛剤の治験で「深刻な事故」が発生し、1人が脳死と判定され、5人が病院治療を受けていると発表した。

 トゥーレーヌ保健相によると、6人は仏北西部レンヌ(Rennes)で行われていた「経口薬の治験」に参加していた。同薬剤は欧州の研究機関が開発したものだった。

「深刻な事故が発生した」と同保健相は述べ、研究は中止され、ボランティア全員の参加を取り消したと付け加えた。

 また、パリ(Paris)の検察当局は、捜査を開始したことを発表した。(c)AFP

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3073360?cx_part=txt_topics より転載

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。